手取り23万円って少ない?多い?33歳男性(石井さん)の場合

ニュース

閲覧ありがとうございます。「とも」です。7月31日の「news zero」で、手取り23万円の33歳男性の話題がありました。「残業してもこの給与、最低賃金ギリギリ生活」ということで紹介されていました。ネット上で、手取り23万円について、多い、少ないの議論が繰り広げられ話題になっています。そこで、世間的には、多いと感じるのか、少ないと感じるのか調べてみました。

33歳男性が手取り23万円だった場合、額面(総支給額)は約30万!

手取り23万円だった場合、額面(税込の総支給額)ではいくらになるのでしょうか。

社会保険料や税金を差し引いて、手取り23万になるので、逆算すると、およそ30万円となります。

この30万円から、所得税0.6万円、住民税1.7万円、厚生年金2.7万円、健康保険料1.5万円、雇用保険料0.1万円くらい控除され(差し引かれ)、残りが23万円ほどとなります。

news zeroで紹介された手取り23万円33歳男性の石井さん

news zeroより

手取り23万円の内訳が紹介されました。

家賃光熱費で6.1万円、食費4万円、携帯通信費2万円、保険・年金3.3万円、交際費3万円、残り4.6万円となっています。

家賃光熱費の6万円は家賃5万円+光熱費1万円程度でしょうか。
まあ、こんなもんですね。

食費4万円は、普段は自炊、たまに飲み会や外食と考えれば、このくらいですね。
ただ、平日の食事は”おにぎり2つ”と紹介されていましたので、それを考えると多いんですかね。
管理人は1人暮らしのときは、1か月3万円目標で自炊していました。1日1000円という設定ですね。

携帯通信費2万円は、少し多いですね。携帯はせいぜい8,000円、インターネトは6000円程度なので、6000円くらい多くかかっていますね。
また、格安SIMに変更すれば、携帯代も2000円~3000円程度に抑えることができますね。

保険・年金3万円は内訳が分かりませんが、将来に不安があるのか多めですね。ここも節約できそうな気がします。

交際費3万円は人によって違うため良いのではないでしょうか。

こんな感じですると、月5万円近く貯金できますので、全然ギリギリではなさそうですね。

ただ、「もうちょっと遊びたい!、趣味に使いたい!」などあれば、きついかもしれませんね。

33歳男性が手取り23万円だった場合、多い?

手取り23万円(総支給額30万円)が多いと感じる人の意見を見てみましょう。

・これって貧困なの?
・俺の手取りは最低低賃金。。。
・これで最低賃金って言ってたら、もっと低い人多くいるよ。
・結構もらってるじゃん!
・23万円で最低賃金って、甘えるな!

手取り23万円以下の人の意見に思えますね。
確かに、33歳で額面で30万円といえば、それなりにもらっている気がします。
大手企業に勤めていると、低いと感じるかもしれませんが、中小企業では多い方かなと思います。

33歳男性が手取り23万円だった場合、低い?

手取り23万円(総支給額30万円)が低いと感じる人の意見を見てみましょう。

・22歳の私で手取り18万円なので、33歳としては少なくない?
・そろそろ結婚して家庭を持つ年齢と考えると23万円では足りないかな。
・23万円、きついですね。
・旦那がこの金額だったら、やっていけない。

主に女性の意見が多い気がします。
彼氏や夫の収入には理想が入りやすいので、額面で30万円だとしても、低いと感じてしまう人が多いのでしょう。

最後に

今回は手取り23万円が、高いと感じるか、低いと感じるか調べてみました。

管理人個人としては、地方に住んでいる人にとっては、高いのでは?と思います。
ただ、都会に住んでいる人や、大手に努めている人にとっては、少なく感じてしまうのでしょう。
管理人は地方なので、これだけもらえていたら、周りを見ても遜色ないです。

皆さんの周りはどんな感じでしょうか?

それでは、最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。「とも」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました