シェーン・ローリー(アイルランド)が全英オープン初制覇!プロフィールや賞金ランキングは?

スポーツ

 閲覧ありがとうございます。「とも」です。今回は2019年7月21日(現地)に全英オープンで初優勝を飾ったシェーン・ローリー選手について、プロフィールや過去の戦績などを調べてみました。

シェーン・ローリー選手のプロフィール

 シェーン・ローリー選手はアイルランドのマリンガ―出身のプロゴルファーで、2009年までアマチュアとしてツアーに参加しており、アイルランドオープンで欧州ツアー史上3人目のアマチュア王者となって、プロに転向します。2015年までは、欧州ツアーを主戦場としてツアーに参加していたが、世界ランキング50位以内のみ出場可能なWGCブリヂストンインビテーショナルに48位で出場し、みごと優勝、ビックタイトル獲得して一躍有名になりました。

https://www.golfnetwork.co.jp
名前 シェーン・ローリー
生年月日 1987年4月2日
出身 アイルランド、ウェストミース州マリンガ―
身長 185cm
体重 102kg
結婚 2016年(妻)ウェンディオナー
子供 1人
出身大学 アスローン工科大学
プロ登録年 2009年
ツアー 米ツアー
欧州ツアー
ツアー勝利数 5勝

185cm、102kgととても大柄な選手ですね。

アマチュア時代の戦績

 エスカーヒルズゴルフクラブでゴルフを始めました。アスローン工科大学(AIT)で奨学金を貰いながらゴルフに打ち込みます。

 アマチュアでは、ツアーを5勝しております。

 2007年は、アイルランドアマチュア選手権で優勝しております。

 2008年は、アイルランド西部選手権、アイルランド北部選手権、マリンガ―スクラッチカップで優勝しております。

 2009年は、アイルランドオープンで優勝しております。

大会
2007アイルランドアマチュア選手権
2008アイルランド西部選手権
アイルランド北部選手権
マリンガ―スクラッチカップ
2009アイルランドオープン

プロになってからの戦績

 プロになってから、米ツアーで1勝、欧州ツアーで4勝しております。

 プロとしての初勝利は、2012年のポルトガルマスターズとなります。その後、2014年のBMW PGAチャンピオンシップで準優勝し、ロイヤルリバプールで行われた2014年オープン選手権では9位とメジャー最高順位を更新しました。

 2015年8月には、WGCブリヂストンインビテーショナルに出場し、優勝しました。出場資格ギリギリの世界ランキング48位(出場資格は50位以内)での優勝のため、一躍有名になりました。

 2016~2018年は優勝できていませんが、2017年ドバイ選手権と2018年のアンダルシア・マスターズで準優勝しております。

 そして、2019年1月アブダビHSBC選手権で優勝、7月の全英オープンで優勝と活躍します。

米ツアー

日付トーナメントスコアパー2位との差準優勝者
2015年8月9日WGC-ブリヂストンインビテーショナル70-66-67-66 = 269-112アメリカ ババワトソン

欧州ツアー

日付トーナメントスコアパー2位との差準優勝者
2012年10月14日ポルトガルマスターズ67-70-67-66 = 270-141 ロスフィッシャー
2015年8月9日WGC-ブリヂストンインビテーショナル70-66-67-66 = 269-112 ババワトソン
2019年1月19日アブダビHSBC選手権62-70-67-71 = 270-181 リチャードスターン
2019年7月21日全英オープン67-67-63-72 = 269-156 トミーフリートウッド

[the_ad id=”194″]

シェーン・ローリー選手の世界ランキングと賞金ランキング

 シェーン・ローリー選手の世界ランキング33位は、賞金ランキングは2019年7月22日時点で、米は64位、欧州は4位です。

 全英オープン優勝で爆発的に伸びたのではないでしょうか。

日本人で有名な松山英樹選手が世界ランキング29位、賞金ランキングが26位(米のみ)なので、ほぼほぼ同格と言えるのではないでしょうか。賞金ランキングだけでいえば、抜かれた?かもしれませんね。松山英樹選手は欧州ツアーのランキングがないので一概には言えませんが。

年度世界ランキング米賞金ランキング欧州賞金ランキング
201874位138位44位
201762位118位22位
201644位67位30位
201521位157位5位
201444位10位
201336位
201229位
201141位

全英オープンを優勝して

 シェーン・ローリー選手が優勝した全英オープンは北アイルランドで行われていたため、優勝目前になると、アイルランド国民がシェーン・ローリー選手をこぞって応援していたようです。

 シェーン・ローリー選手も優勝したときのコメントに、「地元で優勝したんだ!」と言っていましたし、とてもうれしそうでした。

 2位と6打差という圧倒的勝利に、今はこの勝利を噛みしめ、次戦以降がまぐれと言われないようにしないとと、うれしさの中にも、次戦以降への決意が見えていました。

 トッププレイヤーの一人となったシェーン・ローリー選手のこれからが楽しみですね。

最後に

 今回は全英オープンで優勝したシェーン・ローリー選手について調べてみました。地元で優勝しただけあって、とても盛り上がりを見せていましたね。圧倒的な勝利も印象に残るのではないかと思います。また一人ゴルフのトッププレイヤーが誕生し、ゴルフ界も盛り上がっていってほしいですね。

 それでは、最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。「とも」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました